初心者はストロークを重点的に上達させれば試合を支配する事が出来る!!

ストロークとはテニスでラリーを続ける時に「打ち合う」事を指します。ストロークを長く続ける事が出来ればテニスを楽しむ事が出来ます。一朝一夕に上手く出来るわけではありませんが、基本が出来ていないとその分上達も遅くなります。今回はストロークを上達させる方法を説明していきます。

一般的にテニス初心者の方はテニスラケットを振ってフォームの練習を覚えさせられると思います。しかし本当に取り組むべきは、自分の最も打ちやすい方法を見つける事です。もちろん理由もあって「コートに入れようとすると、緊張してうまくラケットが触れない」「手先で調節してコートに入れようと思ってしまう」「その時はコートに入るが、結局上達しない」このような流れになってしまいます。ですからネットにかかろうが、アウトになろうが関係なく気持ちよく打つのが上達への近道です。

次にストロークし終わったフォロースルーではラケットを上に向けておく事が大事です。分かりやすく言うと右利きの人が打ち合わった時に、ラケットを左耳に来るようにします。手のひらではなく甲が耳に当たる感じです。ここで打球が上に向かって飛んでいく場合は、ラケットの握り方を変える必要があります。素振りをして打点の位置で止め、その場所でラケットの面がまっすぐ前を向くように握り直して練習をします。腕やラケットは肩を中心に回っているので、自然にスイングすれば、上に振り上げる事になります。これが出来れば自分の狙った場所にボールを打つ事が可能になるのです。

また意外と重要なのが「脱力」です。ストロークの動きの中で打つ以外は出来るだけリラックするのです。そうする事で、それぞれの動きが効率的に結びつき各動作の初動も早くなります。結果的に何もしていないの、反応が速くなりコートのカバーリング力がアップします。

ですが脱力と言ってもラケットをおろしてのんびり歩くわけではありません。体勢を維持しつつ、出来るだけ脱力をするのです。そして打球の瞬間には少しだけラケットに握る力を入れて下さい。そのインパクトの瞬間以外は脱力をする事で、効率的にボールに力を伝える事が出来ます。例え相手の打球が強く重くても、動きと打点さえ間違わなければ恐れる事はありません。相手の力を利用して少ない力で打球を返す事が出来ます。

以上が上達するストローク方法です。ストロークが上手くなればラリーを長く続ける事が出来るし、上達も早くなるので今回説明した内容をしっかり身に付け練習していきましょう。