テニス上達法最終回!テニス試合とその食事法!食事は何を摂れば良いの!?

今までテニスのテクニック・トレーニング等を書いてきましたが、今回でテニス上達虎の巻は終了です。今回のテーマは「テニス試合とその食事法」です。筋トレを成功させるにはプロテインが必要な様に、テニス試合で上達結果を出すには普段の食事よりテニス体に良い物を食べないといけません。では最終テーマ「テニス試合とその食事法」について説明していきましょう。

まず試合前後の食事法から説明していきます。
試合前の3日~1日前までは炭水化物を多めに摂ります。ここで何故炭水化物を多めに食べるか?ですが、炭水化物を食べると体の中でどんどん分解されていき、グルコースとして一定量が血液や筋肉・肝臓に存在しています。特に筋肉や肝臓ではグリコーゲンという形で蓄えられています。炭水化物は運動する際に大切なエネルギー源となるだけでなく、脳の活動にも必要なのです。グリコーゲンの枯渇すると脳のエネルギー不足になり、スタミナ切れに繋がります。

次は試合当日~試合前~試合中~のメニューです。
当日の朝は3つの事だけ気をつけて下さい。まず試合開始の3時間くらい前には食べ終える事、次に炭水化物とビタミンB1もセットでたんぱく質や脂肪の少ないものをとる、そして食物繊維は控える事です。ここでビタミンB1について説明します。どうしてビタミンB1をセットで摂るかというと、ビタミンB1は糖質をエネルギーに変える過程で必要だからです。いくら炭水化物を摂ってもビタミンB1が不足していると、効率の良いエネルギーは生産されないのです。

試合前には炭水化物のみの補給で、油の多い菓子パンなどは避けて下さい。ここで疑問に思う事があると思います。それはなぜ試合直前は食物繊維や脂質を控えるの?という事です。そもそも食物繊維は体の中では消化出来ないのです…そのため試合直前に摂ると胃の中での停滞時間が長くなり、体が動きづらくなってしまいます。

試合中は動いて汗をかくため水分はもちろんのこと、ミネラルも一緒に流れ出ていってしまいます。その為水分のみを補給するのではなく、おにぎりや果物などですばやくエネルギー・水分・ビタミン・ミネラルを補給しましょう。炎天下の時は果物を冷凍で凍らせておけばクールダウンの役割を得る事が出来ます。

以上がテニス試合とその時の食事法になります。テニスの試合で上達結果を出すには食事が大事だという事が分かります。体力・技術を向上させる為にも食事にも気を遣うようにしましょう。

テニスで痩せるよりも、エクスレンダーで痩せた方が良いでしょう。
http://www.uk-sex-directory.co.uk/