フラット・スライス・スピンを使い分け相手を惑わそう!!

前回プロネーションを使ったサーブの打ち方を説明しました。基本的にサーブには「フラットサーブ」「スライスサーブ」「スピンサーブ」の3種類があります。初心者の方であればフラットサーブだけ覚えればOKですが、上達するにはスライス・スピンも覚える必要があります。今回はこの3種類のサーブとその打ち方について詳しく説明していきましょう。

まずフラットサーブですが、これは回転量の少ないサーブのことです。回転が少ないので結果的にスピードが早いサーブになるのでノータッチエースも狙えます。しかし早いサーブを打とうとすると、スイングも速くしないといけません。そうすると力が入ってしまい、フォームが崩れてしまうのです。結果的にスピードも上がらずフォルトになってしまいます。

フラットサーブの打ち方は非常に単純でボールにラケットを当てるだけでOKで、打球時に狙ってる方向を向く事・プロネーションはしっかりやる事・狙っている方向にラケットを降り出す。この3つを身につければフラットサーブが打てます。スピードボールを意識せずリラックして打つと決まります。

次はスライスサーブについてです。スライスサーブとは右利きの方が左方向へ回転を加え、バウンドした時に左方向に曲がりながら飛んでいくサーブです。また滑るようにバウンドするので、レシーバーにとっては非常に打ちにくいサーブになります。スライスサーブは曲がり角度が大きいので、相手をコート外に出すときには非常に有効です。

スライスサーブはボールに横回転を加える事です。正面にボールを見て右向きの矢印をマジックで書くように想像して下さい。ラケットの振り方は自分の右方向へと振ることになります。そうするとトスは左手を狙ってる方向に打つのではなく、右へ伸ばして上げることになります。しかし狙ってる方向に対して横向きにラケットを振るので球速は遅くなります。

最後はスピンサーブです。これが出来ればエースの取れる確率もグンとあがります。スピンサーブとはボールに縦回転を加え急激に打球が落ちる為にフォルトの可能性が低くなります。また大きくバウンドするので、使いようによっては非常にレシーブしにくいサーブです。

スピンサーブを打つにはラケットの動きを理解する必要があります。また乗り遅れたスライスサーブだとイメージすると非常に分かりやすいです。本来トスを上げてから打つタイミングより早くボールをラケットに当てる事によって、スピンサーブを打つ事が出来ます。ボールを打つ時にラケットの面が上以外を向くようにさせれば、打った球はスピンがかかるのです。

以上が3種類のサーブとその打ち方になります。スピンサーブを打てなくても試合で勝つことは出来ますが、打てるようになった方が試合で勝てる確率もグンと上がります。

本気でテニスがうまくなりたいなら筋肉をつけることが大事
阿修羅圧(アシュラーツ) 口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です