フォアハンドとバックハンドを使い分け試合を有利に運んでいこう!!

テニスにはフォアハンドとバックハンドの2種類があります。フォアハンドとはラケットを持った手の側に来たボールを打つことで、バックハンドはその逆になります。前回ストロークの記事を書きましたが、ストロークでフォアハンドとバックハンドを使い分ける事によって試合を有利に運ぶ事が可能です。では今回はフォアハンドとバックハンドの上達法を説明していきます。

まずフォアハンドを上手く打つためにはコツがあります。まずはグリップ(握り方)です。フォアハンドストロークはテニスのショットの中で、最もグリップにバリエーションがあります。フラットショットならイースタングリップ、トプスピン主体ならウエスタングリップが打ちやすくなります。

また上手く打つために欠かせないのが手首の固定です。昔は手首を固定したままフォロースルーと言われてましたが、今ではラケットのひき始めからインパクト直後まで手首を固定することです。

手首の固定による面の安定を生かすには、正しいテイクバックを覚えないといけません。テイクバックでは上からラケットを回すのではなく、後ろでループするのが正しいスイングで、これにより面の安定を保ったままフォワードスイングに移行する事が出来ます。フォアハンドのスイング時には利き手を体の後ろに置いておきましょう。前を向かないと自分の体がスイングの邪魔をしてしまうので、体を開き前を向いてインパクトをしましょう。

次にバックハンドです。バックハンドには片手と両手の2種類がありますが、主流である両手打ちについて説明していきます。バックハンドはフォアハンドど違い両手で打たないといけません。両手で打つ事は利き腕の力が入りすぎたり、普段と感覚が違うせいか狙った所にボールを落とす事が出来なくなったりします。

また両手打ちだと体幹部の回転を使ってパワーを出す事が重要ですが、身体の回転に対して腕が遅れてしまうとパワーを大きくロスしてしまいます。下半身先行で身体を回していく感覚は必要だが、体重移動はインパクト前に止めて、身体と一体になったスイングを行いラケットが常に胸の前にあるようなイメージを持つことが大切です。

両手打ちは、高い打点でも力を入れやすいとう大きなメリットがありますが、面をかぶせるように打つとネットにかかりアウトになってしまいます。ミスをなくす為には高いテイクバックを意識して、高い打点で強打出来るメリットを最大限に生かすようにしましょう。

以上がフォアハンドとバックハンドの上達方法になります。グリップ・テイクバック・スイング・フォロースルーの4つに気をつけて意識していけば必ず上達するの覚えておきましょ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です