ボレーは初心者でも直ぐに上達する事が出来る!!基本のコツを覚えてマスターしよう!!

ボレーと言えばネット前に出てボールがバウンドする前に返す事です。シングルスではあまりボレーの場面はありませんが、ダブルスでは前衛の人が良く使っています。ボレーと聞くと難しいイメージがあるかもしれませんが、今回はボレーが上達する基本を説明していきます。

まずボレーというのは打つのではなく、ボールの進む向きを変えてあげるだけだから、テイクバックも全く要りませんしラケットを振る必要もありません。ただラケットの面の向きだけセットしてボールに合わせてあげれば、それでOKです。手の感覚としては、ボールを打つのではなくキャッチする感覚で身に付けましょう。より感覚的に言うと、ボールをキャッチしに行くのではなく、手のひらを柔らかくセットしてボールが来るのを待っている感覚です。

次はボレーのコントロールについてです。ボレーのコントロールはラケット面の向きが全てです。つまり右に打ちたければ右に向ける事です。しかし実際にはそんなに上手くいかなかったりします。その答えが分かれば直ぐに上達させる事が出来ます。その答えとはラケット面の向きが保たれてないからが原因です。もちろん他にも原因はあって例えば「ラケットを振りすぎて、スイング途中で面の向きが変化している」「ラケットの重みで、ラケットヘッドが遅れてしまい面の向きが変わっている」などです。

またボレーは面の向きが正しく固定されていれば、打球は狙った方向へ飛んでいきます。要はどうしたら面の向きを固定出来るのか?という事です。「構えた状態から少しだけ横向きになる」「ボールが飛んで来そうな場所にラケットをセットし面の向きを固定する」「セットしたまま大胸筋に力を少しだけ入れて打つ」この3つが面の固定のコツですが、最後の大胸筋の部分は、両腕の肘の小指側をくっつける感覚、肘の小指側を脇腹にくっつける感覚になります。正しいどうか確認するためには、左手を右胸に当て右腕をいろいろ動かしてみて下さい。ボレーで打球する時はこの力の入れ方を少しだけ意識して打ってみて下さい。すると、面が固定されコントロールも良くなります。

シングルスではボレーの出番は少ないと思うので、ダブルス形式の練習でボレーの練習をするのも良いと思います。練習によって技術が向上しても、ボレーはどこにどう打つかという戦術的な面も必要になります。ダブルスは2人でコートを守っているので、状況によりどこに打つかの判断が大事になってきます。

前衛をする事で習得したボレーの技術を生かしつつ、とっさの判断地力に磨きをかけるとシングルスでも役立ちます。

美男子になりたいならお肌のお手入れは忘れずに
geev 口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です