サーブ上達法とは!?サービスエースを取るには何を意識したら良い!?

テニスにおけるサーバーとはポイントを取れる唯一のチャンスになります。一撃必殺のノータッチエースなどをファーストサーブで決める事が出来れば、それだけでレシーバーに威圧感を与える事が可能になります。そこで今回はサーブを上達させる方法を紹介していきます。

まずサーブを打つ前にレディーポジションという構えがあるのはご存知でしょうか?例えばコンチネンタルグリップで握る場合、狙っている方向に対して真横(右)を向いて立ちます。そして左足を狙っている方向へ半歩出します。この時体重は後ろ足である右足にかけておく事が大事です。

次にトスアップ(ボールを上にあげる動作)とテイクバック(タメ動作)です。握り方に関係なく、トスアップは左手を狙っている方向へまっすぐ伸ばして行います。例としてコンチネンタルグリップの場合はラケットヘッドが背中に付くくらいまで担ぎます。この時ラケットをどういう軌道で背中まで持っていくかについては、人によって違うので自由にやりやすいようにしましょう。

テイクバック(タメ動作)をしたら、早いうちに打ちにいきます。体重移動は右足から左足に体重を100%移動させます。ここで重要なのは本当に体重を100%移動させることです。テイクバックした所で少しラケットが止まって待っているようならば、トスを少し低くするかタイミングをずらしてラケットがあまり長時間止まらないようにしましょう。そしてサーブを打った後のフォロースルー(打ち合わった後のフォーム)ではラケットを狙った方向に振り下ろし終えて下さい。

ここからは実際の詳しい打ち方を説明していきます。まずコンチネンタルグリップでサーブを打つ場合は必ずプロネーションを行わないといけません。プロネーションとは回内運動と呼ばれ、手首を使いひねりを入れるのです。プロネーションが出来れば強くキレのあるサーブを打つ事が出来るので、初心者の方が一気に上達するには避けて通れないモノになっているので覚えましょう。

コツとして打球の少し前で右手の親指を外側に回します。打球時にはラケット面が狙っている方向を向いていますが、打球後には外側を向いている状態になります。つまりコンチネンタルグリップではフォロースルーの時に右手の手のひらが左方向を向いています。

初心者の方はラケットを使ってやる前に、手だけで練習すると感覚が掴めると思います。余談ですが、このコンチネンタルでのプロネーションは「スピンサーブ」の打ち方の基本にもなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です